証券会社に進められるままに株を買って大損

証券会社の担当の人に勧められるままに株を購入していしまいました。

 

そして、バブルのはじける前に、株が下がり、200万円以上の損を出しています。

 

今、株式市場が盛り上がっているので、買ってみたいような気もしますが、前の経験がトラウマになって、思い切ることはできません。それぐらい、つらいことでした。

 

株をしている人は少なからず、大損をしているものです。

 

しかし、大儲けもしているのです。私の場合、資金が少ないから、大儲けすることがありません。損は確定したままです。どうにか取り戻したいという気持ちはあります。うまいようにはいきません。

 

株を買うなら、自分で好きな会社を買うべきでした。人に勧められるのはいけません。

 

大学の後輩が、証券会社に就職して、古い話です。

 

バブルの直前から、中国ファンドを始めました。その頃は、ちゅうこくファンドが何なのか全くわかりませんでした。

 

しかし、預金よりは儲けがいいので、ずっとそれを続けていました。ところが、その後輩の結婚が早く、あっという間に、1年で、会社を辞めてしまったのです。

 

それから、その会社のカウンターレディが担当になりました。カウンターレディ、懐かしい言葉です。

 

それ以来、知らないままにいわれるまま、株を始めてしまったのです。

 

リーマンショックの前から、つまり、バブルがはじけて大変な大損をしました。まだまだ、損を埋めることなどできません。そのぐらいの痛手でした。つらいです。

 

 

【人気】安全な株の買い方を解説