値上がり銘柄を探す方法を教えて!

将来値上がりする企業(銘柄)が分かれば、こんなに楽な儲け話はありませんよね。
株で利益を出すには、将来値上がりする銘柄を探せる力を身につけていかなくてはいけません。

 

値上がり銘柄を探す方法

 

株価の値上がりする原因のことを「好材料」、反対に値下がりする原因のことを「悪材料」と言います。
好材料と悪材料があって、株価は常に動いているのです。
株価が変動する最も重要な材料はいくつかあります。

 

@業績
その企業の業績がまず一番に影響しています。
業績は基本的には本決算(3月)、中間決算(9月)と年に2回発表されますが、今は企業によって決算時期が異なっていたり、決算回数も3回4回と設定している所も増えてきたので、それぞれの銘柄をチェックしておくと良いでしょう。
業績は、「売上高」と「営業利益」が成長していれば好業績と判断できます。好業績だと、”これからもっと株価が上がる可能性がある”と期待され株が買われますし、反対に業績が悪くなると”もっと悪くなってしまう前に売ってしまおう”と判断されます。
但し、この業績だけでは株価の動きを理解できないという側面もありますので、あくまで「業績を見るのは基本」として捉えておきましょう。

 

A将来性
去年よりも業績UPしたにも関わらず、株価が下がってしまうという現象が起こることがあります。
これは業績だけではなく、投資家たちはその企業の将来を見ているからです。株を中長期的にやるのであれば、半年〜1年先まで見越して売買していくことが大切…つまり企業の将来性を見ておくことが大切なのです。
業績UPしたという結果が出る前に、ベテランの投資家たちは前もってそのことを予想して株をたくさん買っているので、株価も既に上がっています。
将来性のある企業を見つけるためには、決算書や新商品の開発、経営戦略
や人気を見極めていく力が求められます。

 

※画像0816-02※

 

大企業の業績UPがニュースになった時点で投資家の中にはこれ以上好材料は出ないなと判断してあえて株を売るという場合もあります。これ以上好材料が出ないと判断されることを「好材料の出尽くし」と言います。
また、業績がかなりの悪化で大赤字を招いた企業の株価が急上昇することがあります。
これはこれ以上悪いことはないだろうと判断されているためで「悪材料の出尽くし」と呼びます。
つまり、業績は過去と比較するのではなくて将来的な業績を見ることが重要なのです。

 

株で儲けを出すためには、業績が上がることをいかに予想して投資をするかがカギとなってきます。
結果が出てから慌てて株を売買するのは遅いということですね。

 

 

【人気】安全な株の買い方を解説