株は確定申告が必要?

株の取引をしていると、どうしても気になるのが確定申告ですよね。
利益を出すと税金の対象になるということで、どのように確定申告をすれば良いのか、頭を抱えている人もいるでしょう。
ですが、株式投資をしている=確定申告をしなければならないという訳ではありません。

 

確定申告をしなくてもいいケース

 

口座開設をする時に、特定口座で源泉徴収ありを選択すれば、確定申告をしなくてもよくなります。
特定口座で源泉徴収ありを選択することによって、証券会社が代わりに確定申告を行ってくれるようになり、投資をしている人はこれらの手続きしなくてもよくなるのです。
また、特定口座の源泉徴収なしや一般口座を選択した場合でも、給与が2,000万円以下で、株による利益が20万円以下の場合も確定申告をしなくても問題ありません。

 

確定申告をしなければならないケース

 

確定申告をしなければならないケースとしては、一般口座を選択して、株による利益が20万円を超えた時です。
利益というのは、損失も計算に入れて計算していますので、結果的に20万円プラスになった時のことを言います。
例えば、100万円の利益が出たとしても、その後81万円の損失が出てしまった場合は、利益が19万円と言うことになりますので、確定申告をしなくてもよくなります。
もし、100万円の利益が出て、損失を80万円以下に抑えられたら利益が20万円以上になりますので、確定申告をする必要があります。
それから、損失の繰り越しを申告する時にも確定申告をしなければなりません。
損失の繰り越しとは、仮に株式投資をして10万円の損失を出してしまったとしたら、それを翌年に持ちこせる制度のことを言います。
損失の繰り越しの申告をしておくと、翌年に29万円の利益が出たとしても前の年で10万円の損失を出していますので、その利益からマイナス10万円になり、税金を支払わなくても良くなります。
損失の繰り越しは3年間繰り越せます。

 

確定申告の準備の仕方

 

確定申告をする時には、あらかじめ準備を済ませておく必要があります。
日頃から準備を済ませておけば、スムーズに確定申告ができるでしょう。
準備の方法としては、確定申告の前に収益計算をこれまでの分を済ませておくことです。
細かい数字を計算するとなると、結構な時間が必要になりますので、わかっている分だけでも計算を済ませておくだけでも、スムーズに確定申告の手続きができるようになります。
もし、それが面倒であれば初めから特定口座制度を利用して、証券会社に確定申告に必要な計算をしてもらうと、楽に確定申告ができます。

 

 

【人気】安全な株の買い方を解説