株でたくさん儲けたら会社にバレる?

会社員として働いている人の中には、会社に株式投資をしていることがバレてしまうことが心配で、なかなか投資に手を出せずにいる人もいるかもしれません。
特に、株でたくさん儲けると確定申告で申告しなければならないので、副業を禁止されている会社だと、心配で投資なんてできないですよね。
では、副業が禁止されている会社で働いている人は、投資はできないのでしょうか。

 

株で儲けたら会社にバレる?

 

株で大きな利益を出すと、必ずしも会社にバレるという訳ではありません。
実は、会社にバレてしまうかどうかというのは、利益や損失だけでなく、どのように口座を開設したのかでも左右されてしまいます。
株の口座は一般口座と特定口座の2つの種類があります。
一般口座だと、自分で年間取引報告書を作って、自分で確定申告をする必要があります。
一方、特定口座は年間の取引報告書の確定申告を証券会社がやってくれます。
特定口座は源泉徴収ありと源泉徴収なしのどちらかを選択できるようになっており、源泉徴収ありだと証券会社が利益が出た時に自動的に納税してくれます。
そして、源泉徴収なしだと自分で納税をしなければなりません。
口座開設をする時には、このような違いを把握した上で口座を開設する必要があります。

 

会社にバレないようにするためには

 

会社にバレないようにするためには、特定口座の源泉徴収ありにしてください。
そうすると、証券会社が税金に関することを代わりに行ってくれますので、会社にバレてしまう心配もありません。
しかも、確定申告をする時も税金を支払うのも全て、自分でやらなくても良くなりますので、手続きも楽にできるようになります。
もし、会社にバレても構わないという人でも、特定口座の源泉徴収ありにしておくと、手続きなど様々なことが便利になりますので、楽に株式投資ができるようになります。
ただ、全て証券会社が手続きをするため、年間取引報告書の内容や支払った税金の具体的な額なども把握しにくくなります。
自分で確定申告や税金の管理をしたいという人は、一般口座で開設すると良いでしょう。

 

ちなみに、特定口座を開設する時には、口座開設の手続きをする時に選択しなければなりません。
実際に口座開設を完了させる前に、記入しているポイントだけを見るのではなく、選択しているのは間違えていないのかも必ず確認しておきましょう。
また、わからないことをそのままにして手続きを済ませてしまうと、後々面倒なことになるかもしれませんので、調べながら手続きを済ませてください。

 

 

【人気】安全な株の買い方を解説