株についての勉強法を教えて!

株を始めるとなると、最初に株に必要なことを勉強しなければなりません。
とはいえ、いざ勉強を始めてみると初めて聞く単語なども多くあるため、始めのうちは何を言っているのか分からないことも多くあるでしょう。
人によっては、わからない単語を調べていると、また新たにわからない単語が・・・と言うように、始めのうちは単語ばかりを勉強しているかもしれません。
では、もっと効率的に株の勉強をするためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

株の勉強法

 

@本は入門書1冊で良い
意外に思われるかもしれませんが、株の勉強は入門書のように初心者向けにかかれている本を1冊読めば十分です。
大切なお金を投資するのですから、もっと慎重に株について勉強をしなければならないという考えもありますが、あまりにも知識を詰め込もうとすると、逆効果になることもあります。
例えば、車の運転をする時に、運転の仕方は少し勉強すると思いますが、アクセルをどれくらい踏み込んだら何キロ出るとか、ブレーキをどれくらい踏めば止まるなど、細かいことは勉強しませんよね。
勉強することは良いのですが、基本を踏まえていれば、後は実戦で覚えていくだけでも十分役に立ちます。
世の中には、習うより慣れろという言葉があるように、実際に取引をしてみないと、その感覚と言うの理解できません。
入門書は少し目を通す程度にして、後は実際に取引をしながら勉強していきましょう。

 

A投資をしている人の体験談を聞く
実際に取引をしてみると紹介しましたが、やはり怖いという感情があってあまり知識のないうちから取引をするのに抵抗を感じる人もいます。
そんな時は実際に投資をしている人の話を聞いてみましょう。
周りに投資をしたことがあるもしくは、投資をしているという人に、実際に取引をするとどんな感じなのか、いろいろ質問してみてください。
投資をしている人がいないのであれば、インターネットで投資をしている人のブログを見て勉強してみましょう。
そうすることで、どこに目を付けて取引をすればいいのか分かるようになりますし、利益を出すためには、どのように取引をすればいいのか、勉強になります。

 

B実際に体験してみる
やはり、一番勉強になるのは、上記でも言いましたが実際に取引をしてみることです。
実際に取引をしてみると、やはり単語の意味や株の仕組みなどを頭ではなく、体で覚えることができます。
投資をし始めの頃は、利益を出すというよりも勉強にお金を使うつもりで始めてみると良いかもしれません。

 

 

【人気】安全な株の買い方を解説